猫の天使パステル画

パステルシャインアートの歩み

1995年

絵本作家の葉祥明らと天使展を東京赤坂で開催。
江村信一がパステルをパウダーにした世界初『光の絵』を発表。
その画法をパステルシャインアート(PSA)と命名しメソッドを開発。

天使展 1995年
(クリックで拡大)

2001年

PHP研究所よりエッセー『元気をだして』
キャラクターと表紙をPSAで表現。3冊シリーズ合計40万冊達成。

元気を出して

2003年

『世界でいちばん簡単な絵の描き方』出版、PHP研究所。
同年、NHK「おしやれ工房」に出演。

世界でいちばん簡単な絵の描き方―パステルシャインアート入門 (PHPエル新書)

2007年

アーユルヴェーダ研究家、西川眞知子が参画。
内容の構築と充実化。

2012年

『一瞬で絵心の扉を開くパステルシャインアート』
コスモ21より出版、聖路加病院の日野原重明先生に推薦文をいただく。
銀座伊東屋ギャラリーにてPSA展示会を開催。

一瞬で絵心の扉を開くパステルシャインアート

2013年

『10分で描けるセラピーアート』
(脳を活性化させるパステルシャインアート)JTBパブリッシングを出版。

10分で描けるセラピーアート入門 (単行本)

NHK東北、被災地にて
『スマイルキャラバン』PSAを開催。
2014、2015年継続中。

NHKスマイルキャラバン

2014年

PSA誕生20周年『感動祭』イベント開催。
湯川れい子氏、他著名な方にご参加いただく。

パステルシャインアート20周年感動祭

2015年

PSAメソッド開発20年を迎え、企業、学校、施設等にPSAの活動拡大。

スポンサーリンク